どのような施設なのか?ペット霊園について間違えやすい事柄を丁寧に解説

このサイトでは、昨今話題となっているペット霊園について詳しく解説をしていきます。
ニュースや新聞で一度は名前を見かけたことがあるでしょう。
この施設を利用できるのは、ペットのみとなっています。
一般的な霊園とは異なっていて、火葬場も併設をしているのが特徴です。
運営をおこなっているのは宗教法人ではなく民間企業であり、セレモニーをおもな事業となされているところになります。
概要などにも触れるので、参考にしていただければ幸いです。

どのような施設なのか?ペット霊園について間違えやすい事柄を丁寧に解説

ペット霊園というのは、火葬だけでなく納骨もおこなえる施設です。
霊園というと一般的には宗教法人が運営をおこなっているように思いますが、ペット霊園に関しては民間の企業がなされているところです。
そのため宗派は存在をしておらず、どなたでも利用をすることができます。
おもなサービスは火葬から納骨ですが、そのどちらかひとつを依頼することも可能です。
施設は都心部から郊外などさまざまな場所にあって、ビル形式と公園形式の2つに分類されます。

愛犬などの供養に利用されるペット霊園とは

愛犬などペットの供養に利用されているペット霊園とは、ペット専用の霊園を指します。
日本の住宅事情では、ペットが亡くなった場合に土葬を選択するのは難しいです。
法律上は一般廃棄物になるため捨てられますが、火葬した後に供養を行う人が増えています。
ペットの火葬は大きく分けて3種類に分類され、個別で仮想する場合は立合いも可能です。
火葬した後の遺骨は自宅に置けますが、ペット専門の霊園に依頼すれば供養してくれます。
愛犬などを埋葬できるペット霊園とは、様々なサービスを持つ施設です。
個別で埋葬を行うサービスやペットと飼い主が同じ墓に入れるサービスなど、様々なサービスが提供されています。
ペット霊園を選ぶ場合に大切なポイントは、サービスの内容と利便性です。
自宅から近いエリアで探せば、気軽に会いに行けるので便利です。
見学が可能なら事前に見学し、雰囲気を確かめてから申込みます。
料金は事前に確認して、初めに提示された金額よりも高い場合は納得できるまで説明を受けます。

ペット霊園の管理にかかる費用や手間

ペット霊園というと、人間が利用する霊園を想像することで、何かと色々と費用が掛かるイメージではないでしょうか。
ペット霊園の管理費用は合同供養であればせいぜい数千円といったところで、中には無料で利用できることもあります。
また火葬に管理費も含まれていることが殆どですから、追加で出費が発生することはあまりないです。
納骨堂は年単位でお金が掛かりますが、最低でも1万円以上が目安となります。
個別に埋葬するお墓となると、やはり墓石も購入して用意しなくてはいけないので、10万円以上は要すると考えた方が良いです。
ペット霊園はこのように、埋葬方法によってかなり金額に開きがありますし、無料で済むこともあれば毎年お金が掛かるケースもあります。
一方で手間については殆どなく、ペット霊園が一通りやってくれますから、頻繁にお参りに足を運ぶのが難しい高齢者も安心です。
お墓に関しては人間同様に時々足を運び、汚れを洗ったりお供え物をしてあげることが、亡くなったペットの喜びや飼い主の心の安定に繋がるのではないでしょうか。

ペット霊園に行くときに必要な持ち物

ペット霊園に訪れる際に必要な持ち物は、お参りが目的であれば特に何もありません。
しかし、きちんとお参りをしたいのであれば、亡くなった人間のお墓がある霊園へ行くときと同じように、線香やお供え物、ロウソク、マッチやライター等の火をつけられるもの、手桶や柄杓、タオル等の墓掃除の用具を持っていくべきです。
これら必要な持ち物のほとんどは、すべて小売店で手に入れることができます。
自宅に無いものがある場合や、あるのに忘れてきた場合は、霊園に行く途中で店に立ち寄って購入しましょう。
なお、ペット霊園によっては、お参りに必要なものを霊園側で用意していたり、貸出可能にしてある場合があります。
霊園内にあるものについては、ペット霊園の運営会社の公式Webサイトに掲載されている場合があるので、確認しておくと良いでしょう。
一方で、申込みのためにペット霊園に訪れる場合は、霊園側から指定された書類や、料金の一部もしくは全部を支払えるだけのお金を持参しなければなりません。
忘れてきてしまうと取りに行かざるを得なくなり、手続きがスムーズにすすまなくなってしまうので注意しましょう。

ペット霊園の宗派を事前にチェック

宗派は人間の供養する時に対象とされていて、お経や法要の内容が異なるので重視されます。
しかしペットの場合人間と違って決まりがないので、ペット霊園でペットだけを埋葬する場合は問われないので、飼い主が信仰している宗教で考えるか業者に任せることが一般的です。
またどのような葬儀を行うかは各業者、または僧侶に委ねられます。
さらに業者に寺院が併設している場合、その寺院が葬儀を執り行うことが多く、宗派もその寺院によって異なります。
複数の寺院と提携しているペット霊園もあるので、気になる場合は業者に事前に確認または相談をすることが大切です。
仏教では天台宗や真言宗の13宗、枝派で56派の宗教があります。
加えてキリスト教自体には、葬儀はありません。
このため飼い主が自宅で見送りの儀式を行ってから、斎場へ行きます。
飼い主がキリスト教信者でも仏教の教えで葬儀は行えますが、中にはキリスト教会で牧師が葬儀を行う場所も存在するようです。

ペット霊園に関する情報サイト
ペット霊園について知ろう!

このサイトでは、昨今話題となっているペット霊園について詳しく解説をしていきます。ニュースや新聞で一度は名前を見かけたことがあるでしょう。この施設を利用できるのは、ペットのみとなっています。一般的な霊園とは異なっていて、火葬場も併設をしているのが特徴です。運営をおこなっているのは宗教法人ではなく民間企業であり、セレモニーをおもな事業となされているところになります。概要などにも触れるので、参考にしていただければ幸いです。

Search