どのような施設なのか?ペット霊園について間違えやすい事柄を丁寧に解説

ペット霊園の代表的な行事について

ペット霊園は法要を行い、季節の行事を開いています。
法要は希望する飼い主向けのもので、初七日や四十九日、一周忌などがあります。
個別にするのが難しいこともあり、週に1回の合同法要をしているところも珍しくありません。
家族で参加するとペットと過ごした時間の素晴らしさが感じられるでしょう。
季節の行事は春彼岸と盂蘭盆会、秋彼岸が代表的です。
人間の故人に対してもこれらを行うのが一般的です。
故人の霊を迎えたり、供養したりするのです。
ペットに対してする方法は定められていませんが、ペット霊園の合同慰霊祭に参加すれば合理的に行うことができます。
ペット霊園によっては他の参加者と交流できるように工夫されていて、動物を愛する人同士で心を通わせることが可能です。
ペットロス症候群に悩まされている人は少なくありませんから、同じ立場の人を見つけると心の支えとなる可能性があります。
また子供を連れて行くと命の尊さを感じる機会となるでしょう。

ペット霊園で実施されている一周忌方法の特徴

大切なペットを亡くされた場合、昨今ではペット霊園を活用される方が多くなりました。
都心部なら納骨堂というスタイルとなり、郊外であれば広大なスペースを有したペット霊園も存在するほどです。
すでに利用をされている方も大勢いらっしゃることでしょう。
ここでは簡単に、ペット霊園で実施をされている一周忌法要について見ていくことにします。
大半の霊園ではどこかの宗派に属しているのが基本で、一周忌は宗派の僧侶が赴いてなされるものです。
われわれ人間の場合だと親族のみでしめやかに実行をされますが、ペット霊園ではほかの利用者と合同でするのが基本です。
そして亡くなった日に対応をしているのではなく、霊園側が指定をしている日時で執り行っていきます。
読経から始まり、参列者が焼香をしているスタイルなります。
なお、費用は必要ではなく、実施をする日時はセレモニー会社側から書面で連絡が来るので、その指示にしたがって参列をしていきましょう。

ペット霊園に関する情報サイト
ペット霊園について知ろう!

このサイトでは、昨今話題となっているペット霊園について詳しく解説をしていきます。ニュースや新聞で一度は名前を見かけたことがあるでしょう。この施設を利用できるのは、ペットのみとなっています。一般的な霊園とは異なっていて、火葬場も併設をしているのが特徴です。運営をおこなっているのは宗教法人ではなく民間企業であり、セレモニーをおもな事業となされているところになります。概要などにも触れるので、参考にしていただければ幸いです。

Search